タグ:大橋悠依

大橋悠依:竹内結子似の個人メドレーのエース、タイム不満も余裕の圧勝

 
水泳 - 大橋悠依 - 水泳

11月23日に行われた東水招待記録会に、2017年世界選手権女子200メートル個人メドレーで銀メダルを獲得した大橋悠依選手(22)ー東洋大ーが出場して、優勝を果たしました。タイムは2分12秒92で、世界選手権時に打ち立てた日本記録2分7秒91から5秒以上遅れましたが、それでも2位以下に大きく水をあける圧勝となりました。

 

 

レース後は「動きが悪かった。(2分)11秒台を狙いたかった」と悔しさをにじませていましたが、応援に来ていた日本代表の池江璃花子選手(17)から、「ゆいさん、めっちゃ速いですね」と声をかけられて笑顔に戻りました。

 

プロフィール

 

大橋悠依(おおはしゆい)

誕生日:1995年10月16日星座:てんびん座
出身地:滋賀
身長:173cm
所属:東洋大学

 

記録

200m個人メドレー 2分07秒91(日本記録)

400m個人メドレー 4分31秒42(日本記録)

 

北島康介を育てた平井コーチ、1年先輩に萩野公介が在籍する東洋大学4年生

前述の池江璃花子選手のように10代の若手選手が活躍する競泳の世界で、大橋悠依選手は22歳を迎えた2017年に脚光を浴びた遅咲きのエースです。200m、400m個人メドレーの日本記録はどちらも2017年に叩き出しています。

彼女を大きく変化させたのは、平井コーチや萩野公介選手がいる東洋大学という環境だと思います。

 

 

大橋悠依さんは中学校3年生のとき、ジュニアオリンピックの200m個人メドレーで優勝するなど、早くから期待を集める選手だったのですが、彼女を苦しめてきたのは貧血でした。大学2年の頃までなかなか記録が伸びなかったのですが、トップスイマーの萩野公介選手の泳ぎを間近で見て、技術やスタミナのつけ方を学んだそうです。

実際にこの夏、世界選手権200m個人メドレーで日本記録を打ち立てたときは、自己記録を2秒以上縮めて達成しました。400m個人メドレーの日本記録も2017年4月に出したもので、当時の日本記録を3秒以上縮める快挙でした。

 

身長173cmの高身長と竹内結子に似たルックスで、東京五輪のメダルを狙う

身長173cmの大橋悠依さんは、女子競泳界の中でもかなりの大型選手です。ちなみに男子の日本代表:瀬戸大也選手が174cmなので、ほとんど変わりがありません。先輩の萩野公介選手も177cmなのでわずか4cmの違いです。まだまだ記録が伸びても不思議はありません。3年後の東京オリンピックではどんなタイムが出るのか、とても楽しみです。

また「競泳界の竹内結子」とも呼ばれる、その美しい容姿にも注目が集まっています。健康的な笑顔はまさにそっくりですね。

 

 

大橋さんは、インスタグラムのアカウントも開設していて、私服姿も公開しています。

 

やはり素敵な笑顔ですね。3年後の東京オリンピックに向けて応援していきましょう!